0051

北海道ミノーイング鮭
Vol.166

field staff 加藤  鍵

北海道に来てから本格的に始めた秋の対象魚であるサケ。
17年前はウキルアーに没頭し、仕事の休憩中に自作のウキとタコベーを作ってリアル釣りバカ日誌状態でした(笑)
仕事が終わったら釣り場へ行き車中泊し、朝の一時間勝負をし、そのまま仕事へを2ヶ月以上毎年繰り返していました。
メインフィールドがサケ釣り禁止となったのをきっかけに少し熱も冷め、狂ったようには行かなくなり誰もいなくなった真っ昼間に試したいことをのんびりやるスタイルに変更しました。
その頃から始めたのがミノーイング。
しかしミノーイングは邪魔がられるので人が多いとこではお薦めしません(-_-;)ウキルアー、ウキふかせ、ぶっこみが主流の中、スレたサケに有効でここ数年はミノーイングで色々試して遊んでいます。
リアクションバイトがメインになるため色んなことが試せること、あとは外道であるフグが邪魔をしないのが魅力!メソッドがわかり数が出せるようになった頃、ふと思ったのが「雄と雌を釣り分けることができないか?」である。
ルアーはIMとジョーカーがあれば十分。
フロントフックは付けず、リアにシングルフックを上向きになるようにセッティングする。
これはトリプルだとスレがかりが発生しやすいことと、リリース前提なのでダメージを考えてそうしている。
IMとジョーカーを駆使し、わかってきたのは一つは雄と雌はヒットするレンジが違うこと。
つまり、雌は雄より深いところを泳いでいる。
これは水況にもより100%ではないが、今回も7本中雌が5本、雄が2本とまあまあの確率で立証できた。
雄に関しては軽くトゥイッチを入れてステイ……プカっと水面に浮いたミノーを顔を出してモゾッと持ってくからやめられません(^-^)vまだまだ色々試してみます。

ロッド:アビエイター110、アビエイター96
ライン:PE1号+ショックリーダー23.5ポンド
ルアー:ブルースライドIM110、16Beat J.O.KER MD

 

ロッド保証規定(必ずお読み下さい)

ロッド保証規定はこちらから

釣果情報&画像

釣果情報、画像はこちらから

小売店様へお願い

メールで注文して頂いております小売店様、只今サーバーに不具合が生じておりますのでメールが届いていない可能性があります。大変申し訳ありませんがFAXでの注文をお願い申し上げます。 ご迷惑をおかけしまして大変申し訳ありません

SOULS展示会情報

 

有限会社 ソウルズ

会社概要


HP制作美濃吉