TROUT FINALIST

トラウトファイナリストシリーズが、トルザイトリングを搭載しモデルチェンジ。
ブランクカラーは、ソウルズカラーのブラックをメインに、グレーのワンポイントを施したデザイン。
グリップには、オリジナルワインディングチェックを装着、ウッドスペイサーもオーク素材に一新。(TF-E46LS-TZはローズウッド)
もちろん、アクションもテスター陣が厳しくチェック。何度も繰り返しテストをして、完成したモデルとなっている。

12レーザーカービング 123ワインディングチェック 11オークスペーサー

001


model ring length wt. lure line section price/taxout sale
TF-E46LS TORZITE 4'6"

70g

2-10g 3-8lb. 1 59,000 2016.02
TF-A50ULS TORZITE 5'0" 86g 1-7g 2-6lb. 2 81,000 on sale
TF-T50ULS TORZITE 5'0" 80.5g

1-7g

2-6lb. 2 63,000 on sale
TF-E50ULS 1H TORZITE 5'0" 77g 1-7g 2-6lb. 1&H 62,500 2016.02
TF-E50LS 1H TORZITE 5'0" 81g 2-10g 3-8lb. 1&H 62,500 2016.02
TF-E56ULS 1H-AP TORZITE 5'6" 90g 1-7g 2-6lb. 1&H 68,000 2016.02
TF-E56LS 1H-AP TORZITE 5'6" 94-g 2-10g 3-8lb. 1&H 68,000 2016.02
TF-T60LS TORZITE 6'0" 100g 2-10g 3-8lb. 2 66,000 2016.03
TF-T70MS SIC 7'0" 124g 3-12g 6-10lb. 2 64,000 on sale
TF-E74MHS TORZITE 7'4" 117.5g 4-16g 6-12lb. 2 68,000 2016.02
TF-E74MHS-SV SIC 7'4" 118g 4-16g max.1G 2 68,000 2016.03
TF-E74HHS 1H TORZITE 7'4" -g 8-30g 8-20lb. 1&H 70,000 2016.03
TF-E76HS TORZITE 7'6" 129g 7-28g 8-20lb. 2 71.000 on sale
TF-E82HS TORZITE 8'2" 141g 5-21 g 8-16lb. 2 76,000 on sale
TF-E82HHS TORZITE 8'2" 146g 7-30g 8-20lb. 2 77,000 on sale
TF-E86HS TORZITE 8'6" 149g 6-24g 8-16lb. 2 77,000 on sale
TF-E86HHS TORZITE 8'6" 162g 7-30g 8-20lb. 2 79.000 on sale
TF-E83MS-SV TORZITE 8'3" 127.5g 4-20g MAX1.5G 2 76,000 on sale
TF-JA88XHS-Int SIC 8'8" 184g 10-40g 8-20lb. 2 76,000 2016.04
TF-JA88XHS-JAP TORZITE 8'8" 180g 10-40g 8-20lb. 2 78,000 2016.04
TF-JA92HS TORZITE 9'2" 164g 8-30g 8-16lb. 2 80,000 on sale
TF-A92HS TORZITE 9'2" 162g 8-30g 8-16lb. 2 123,000 2016.02

AVANTGARDE EXPLORER
New TWITCH'N JERKING
SOULSに「フィールドからのフィードバック」という言葉は存在しない。
「フィールドで必要な道具はフィールドで開発する」これがSOULSのスタイルだ。製品開発は、トライ&エラーの繰り返しだ。
高頻度に、多種多様な環境でフィールドテストすることが、最善の製品開発の手段なのだ。
ネイティブのBig Troutと出会えるチャンスは非常に稀である。アクセス最悪の辺境河川に入渓しても、10年前ならともかく、特別魚影が濃い訳でも、デカイのがバンバン釣れる訳でもない。どんな山奥の枝沢に入渓しても、釣り人の痕跡だらけだ。
毎日成魚放流しているC&R区間ならともかく、放流事業が無い河川では、Big Troutどころか、釣果が全く期待できない場合もある。
日本全国どこへ行っても、地元のスペシャリストと、全国から遠征してくるエキスパートが、汽水から源流まで、日の出から日没まで、休む間も無く攻め続けているのが現状だ。それはトラウトプラッガーに限ったことではない、餌釣師、フライマン、職漁師にいたるまでの話だ。シークレットポイントなんてもう存在しないのが、今の日本の河川の状況だ。SOULSがフィールドテストに求めるものは、そんなどこにでもある過酷な条件の河川だ。地域と季節を限定せず、日本全国の河川をメインフィールドにしている。実際のところ、全ての河川が、全て独自の特殊環境を持っているのだ。限定したフィールドでテストを繰り返すだけでは、十分な検証にはならないのだ。あらゆる環境の、あらゆる突然と、あらゆる不都合に遭遇させるのが、SOULSのフィールドテストだ。
異常なまでに、警戒心と狡猾さを持ったBig Troutとファイトするチャンスは、ハリウッド女優とデートする確率と同じかもしれない。それでもあえて言おう、狡猾なパーフェクトネイティブと対等に勝負できてこそ、トラウトプラッガーなのだ。
SOULSの、エビデンスを探求するTrout Finalist達によって、百戦錬磨のネイティブを相手に、ワールドクラスのフィールドで磨き上げられた、ロジックもフィーリングも越えた、スペックや外見からでは判断できないpower of SOULS、存分に体験していただきたい。


Saltwater Finalist

CASTIUGTUNA tai brak


The Finalist

CASTIUGTUNA CASTIUGTUNA


Plugs&spoon
SOULSに「フィールドからのフィードバック」という言葉は存在しない。
「フィールドで必要な道具はフィールドで開発する」これがSOULSのスタイルだ。製品開発は、トライ&エラーの繰り返しだ。
高頻度に、多種多様な環境でフィールドテストすることが、最善の製品開発の手段なのだ。
ネイティブのBig Troutと出会えるチャンスは非常に稀である。アクセス最悪の辺境河川に入渓しても、10年前ならともかく、特別魚影が濃い訳でも、デカイのがバンバン釣れる訳でもない。どんな山奥の枝沢に入渓しても、釣り人の痕跡だらけだ。
毎日成魚放流しているC&R区間ならともかく、放流事業が無い河川では、Big Troutどころか、釣果が全く期待できない場合もある。
日本全国どこへ行っても、地元のスペシャリストと、全国から遠征してくるエキスパートが、汽水から源流まで、日の出から日没まで、休む間も無く攻め続けているのが現状だ。それはトラウトプラッガーに限ったことではない、餌釣師、フライマン、職漁師にいたるまでの話だ。シークレットポイントなんてもう存在しないのが、今の日本の河川の状況だ。SOULSがフィールドテストに求めるものは、そんなどこにでもある過酷な条件の河川だ。地域と季節を限定せず、日本全国の河川をメインフィールドにしている。実際のところ、全ての河川が、全て独自の特殊環境を持っているのだ。限定したフィールドでテストを繰り返すだけでは、十分な検証にはならないのだ。あらゆる環境の、あらゆる突然と、あらゆる不都合に遭遇させるのが、SOULSのフィールドテストだ。
異常なまでに、警戒心と狡猾さを持ったBig Troutとファイトするチャンスは、ハリウッド女優とデートする確率と同じかもしれない。それでもあえて言おう、狡猾なパーフェクトネイティブと対等に勝負できてこそ、トラウトプラッガーなのだ。
SOULSの、エビデンスを探求するTrout Finalist達によって、百戦錬磨のネイティブを相手に、ワールドクラスのフィールドで磨き上げられた、ロジックもフィーリングも越えた、スペックや外見からでは判断できないpower of SOULS、存分に体験していただきたい。

TROUT PLUGS    
Bliues Ride oceans
11 11 11
ROLLING BOMBER be-bop
ROLLING BOMBER 13
ROLLING BOMBER 13
SALTWATER PLUGS    
bluesride oceans
6 6
BEAT WOOD  
     

Goods
SOULSに「フィールドからのフィードバック」という言葉は存在しない。
「フィールドで必要な道具はフィールドで開発する」これがSOULSのスタイルだ。製品開発は、トライ&エラーの繰り返しだ。
高頻度に、多種多様な環境でフィールドテストすることが、最善の製品開発の手段なのだ。
ネイティブのBig Troutと出会えるチャンスは非常に稀である。アクセス最悪の辺境河川に入渓しても、10年前ならともかく、特別魚影が濃い訳でも、デカイのがバンバン釣れる訳でもない。どんな山奥の枝沢に入渓しても、釣り人の痕跡だらけだ。
毎日成魚放流しているC&R区間ならともかく、放流事業が無い河川では、Big Troutどころか、釣果が全く期待できない場合もある。
日本全国どこへ行っても、地元のスペシャリストと、全国から遠征してくるエキスパートが、汽水から源流まで、日の出から日没まで、休む間も無く攻め続けているのが現状だ。それはトラウトプラッガーに限ったことではない、餌釣師、フライマン、職漁師にいたるまでの話だ。シークレットポイントなんてもう存在しないのが、今の日本の河川の状況だ。SOULSがフィールドテストに求めるものは、そんなどこにでもある過酷な条件の河川だ。地域と季節を限定せず、日本全国の河川をメインフィールドにしている。実際のところ、全ての河川が、全て独自の特殊環境を持っているのだ。限定したフィールドでテストを繰り返すだけでは、十分な検証にはならないのだ。あらゆる環境の、あらゆる突然と、あらゆる不都合に遭遇させるのが、SOULSのフィールドテストだ。
異常なまでに、警戒心と狡猾さを持ったBig Troutとファイトするチャンスは、ハリウッド女優とデートする確率と同じかもしれない。それでもあえて言おう、狡猾なパーフェクトネイティブと対等に勝負できてこそ、トラウトプラッガーなのだ。
SOULSの、エビデンスを探求するTrout Finalist達によって、百戦錬磨のネイティブを相手に、ワールドクラスのフィールドで磨き上げられた、ロジックもフィーリングも越えた、スペックや外見からでは判断できないpower of SOULS、存分に体験していただきたい。

bluesride oceans
11 11 11
 
     

ロッド保証規定(必ずお読み下さい)

ロッド保証規定はこちらから

釣果情報&画像

釣果情報、画像はこちらから

小売店様へお願い

メールで注文して頂いております小売店様、只今サーバーに不具合が生じておりますのでメールが届いていない可能性があります。大変申し訳ありませんがFAXでの注文をお願い申し上げます。 ご迷惑をおかけしまして大変申し訳ありません

SOULS展示会情報

 

有限会社 ソウルズ

会社概要


HP制作美濃吉